m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

早期再分極パターン、心臓死リスクを有意に上昇

2010年1月5日  ソース:NEJM  カテゴリ: 循環器疾患

本研究では一般住民10864名(平均年齢44歳)を平均30年間追跡し、早期再分極パターンの有病率と心臓死の関係を検討。その結果、標準心電図において下壁誘導の早期再分極パターンが見られた場合、心臓死リス...

文献:Tikkanen JT et al. Long-Term Outcome Associated with Early Repolarization on Electrocardiography. NEJM. 2009;361:2529-2537

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。