m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

黄色ブドウ球菌の鼻腔内保菌者、除菌で手術部位感染が減少

2010年1月12日  ソース:NEJM  カテゴリ: 感染症

黄色ブドウ球菌の鼻腔内保菌者を対象に、ムピロシン軟膏およびクロルヘキシジン石鹸を用いた除菌によって、黄色ブドウ球菌の手術部位感染リスクが低下するか無作為化二重盲検プラセボ対照試験で検証。解析対象とした...

文献:Bode LG et al. Preventing Surgical-Site Infections in Nasal Carriers of Staphylococcus aureus. NEJM. 2010;362:9-17

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。