m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

プロカルシトニン指標、抗生物質の曝露を減らせる可能性

2010年1月27日  ソース:Lancet  カテゴリ: 感染症

細菌感染が疑われ、ICU入院日数が3日を超えると予想される18歳以上の患者630名を対象に、プロカルシトニンを指標とする治療と現行のガイドラインによる治療を比較。プロカルシトニン群で抗生物質非使用日数...

文献:Bouadma L et al. Use of procalcitonin to reduce patients' exposure to antibiotics in intensive care units (PRORATA trial): a multicentre randomised controlled trial. Lancet. Early Online Publication, 23 January 2010

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。