m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

乳癌リスク予測、遺伝子変異を追加しても改善わずか

2010年3月23日  ソース:NEJM  カテゴリ:

コホート研究4件+症例対照研究1件の乳癌症例5590名・対照5998名を対象に、既存の乳癌リスク評価モデルに10の関連遺伝子変異を追加することで予測能が改善されるか検証。ROC曲線下面積を指標に予測能...

文献:Wacholder S et al. Performance of Common Genetic Variants in Breast-Cancer Risk Models. NEJM. 2010;362:986-993

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。