m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鎌状赤血球症の救急科受診・再入院、18-30歳で高頻度、米国調査

2010年4月9日  ソース:JAMA  カテゴリ: 血液疾患救急

鎌状赤血球症患者21112名を対象に、救急科受診・再入院の状況を後ろ向きに調査。その結果、いずれの頻度も18-30歳の患者で最も高く、救急科受診は年平均3.61回、30日以内の再入院率は41.1%だっ...

文献:Brousseau DC et al. Acute Care Utilization and Rehospitalizations for Sickle Cell Disease. JAMA. 2010;303(13):1288-1294

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。