m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ST合剤のPEG後創傷感染予防効果、セフェム系抗生物質に劣らず

2010年7月7日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患投薬に関わる問題

経皮的内視鏡下胃瘻造設術(PEG)施行患者234名を対象に、スルファメトキサゾール・トリメトプリム(ST合剤)とセフロキシムの術後創傷感染予防効果を無作為化試験で比較。術後14日間の創傷感染率はST合...

文献:Blomberg J et al. Novel approach to antibiotic prophylaxis in percutaneous endoscopic gastrostomy (PEG): randomised controlled trial. BMJ. 2010;341:c3115

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。