m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鎌状赤血球症・サラセミアのスクリーニング法、精密検査率に影響

2010年10月12日  ソース:BMJ  カテゴリ: 血液疾患産婦人科疾患

妊娠女性1708名を対象に、鎌状赤血球症およびサラセミアの出生前スクリーニング法についてクラスター無作為化試験で検討。妊娠10週以前の精密検査受検率は、妊娠判明時に夫婦同時検査群24%、妊娠判明時の検...

文献:Dormandy E et al. Effectiveness of earlier antenatal screening for sickle cell disease and thalassaemia in primary care: cluster randomised trial. BMJ. 2010; 341:c5132

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。