m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

活性酸素中間体の産生能で、慢性肉芽腫症患者の生存予測

2011年1月6日  ソース:NEJM  カテゴリ: 血液疾患

244家系の慢性肉芽腫症患者287人を対象に、活性酸素中間体(ROI)産生能の残存と生存との関係を検討。両者の間には強い関連が認められ、ROI産生能は生存の予測因子であることが示された。gp91pho...

文献:Kuhns DB et al.Residual NADPH Oxidase and Survival in Chronic Granulomatous Disease.NEJM 2010;363:2600-2610.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。