m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

胎児・乳児期の診断放射線曝露、小児癌リスク上昇の可能性否定できず

2011年2月16日  ソース:BMJ  カテゴリ: 血液疾患検査に関わる問題

胎児・乳児期の診断放射線曝露および超音波検査と小児癌リスクの関連を症例対照研究で調査。胎児期の超音波検査によるリスク上昇は見られず、X線曝露により全小児癌、白血病リスクがわずかに上昇したが(オッズ比1...

文献:Rajaraman P et al.Early life exposure to diagnostic radiation and ultrasound scans and risk of childhood cancer: case-control study.BMJ 2011; 342:d472.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。