m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

高齢のCOPD患者へのβ作動薬、抗コリン薬に比べ生存率改善

2011年5月10日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 呼吸器疾患救急投薬に関わる問題

高齢の慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者4万6403人(平均年齢77歳)を対象に、長時間作用型吸入β作動薬と抗コリン薬の有効性をコホート研究で比較。最長5.5年間の追跡調査期間中の全死亡率は、β作動薬処...

文献:Gershon A et al.Comparison of Inhaled Long-Acting β-Agonist and Anticholinergic Effectiveness in Older Patients With Chronic Obstructive Pulmonary Disease: A Cohort Study.Ann Intern Med. 2011 May 3;154(9):583-92.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。