m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

足痛のある高齢者、多面的足治療で転倒リスク低下

2011年6月21日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患リウマチ整形外科疾患

日常生活に支障を来たす足痛のある高齢者305人を対象に、転倒防止を目的とした多面的足治療(足装具、靴の助言・補助金、自宅運動、教育冊子、通常治療)の効果を無作為化試験で検討。12カ月後、対照群(通常治...

文献:Spink MJ et al.Effectiveness of a multifaceted podiatry intervention to prevent falls in community dwelling older people with disabling foot pain: randomised controlled trial.BMJ 2011; 342:d3411.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。