m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

マラリア感染、菌血症の素因となることが明らかに、ケニア調査

2011年9月9日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患血液疾患感染症

13歳以下の菌血症患者を対象に、対症例対照研究と縦断的症例対照研究を実施。対症例研究では鎌状赤血球貧血症、HIVなどが菌血症と関連が見られたが、マラリア免疫性鎌状赤血球表現型との関連は強く否定された。...

文献:Scott JA et al.Relation between falciparum malaria and bacteraemia in Kenyan children: a population-based, case-control study and a longitudinal study.The Lancet, Early Online Publication, 7 September 2011.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。