m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

緑膿菌感染および非感染マウスのモルヒネ持続曝露、致死の病原性発現の可能性

2011年10月18日  ソース:Ann Surg  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患感染症

緑膿菌感染・非感染マウスを対象に、緑膿菌の病原性発現へのモルヒネの関与を検証。モルヒネ徐放性製剤のペレット埋込み群では腸粘液の減少、腸上皮バリア損傷、死亡率上昇が有意に見られた。緑膿菌非感染群とプラセ...

文献:Babrowski T et al.Pseudomonas aeruginosa Virulence Expression Is Directly Activated by Morphine and Is Capable of Causing Lethal Gut-Derived Sepsis in Mice During Chronic Morphine Administration.Annals of Surgery.POST AUTHOR CORRECTIONS, 10 October 2011.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。