m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

CHD死半減、EBMとリスク低減で

2012年1月31日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患循環器疾患一般外科疾患

ポーランドで1991-2005年の成人集団を対象に、1990年代初頭の社会経済改革以降に冠動脈疾患(CHD)の死亡率が低下した要因をモデル化研究で調査。15年間で死亡率は半減した。その要因は、EBMに...

文献:Bandosz P et al.Decline in mortality from coronary heart disease in Poland after socioeconomic transformation: modelling study.BMJ 2012;344:d8136.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。