m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

思春期うつ病にゲームが効果

2012年4月25日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患神経内科疾患

うつ症状を呈する思春期(12-19歳)の187人を対象に、対面治療に対するコンピュータ認知行動療法プログラムSPARX(3Dゲーム)の有効性を無作為化非劣性試験で評価。per-protocol解析でS...

文献:Merry SN et al.The effectiveness of SPARX, a computerised self help intervention for adolescents seeking help for depression: randomised controlled non-inferiority trial.BMJ 2012;344:e2598.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。