m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

色素性皮膚病変、診断ツール無効

2012年7月9日  ソース:BMJ  カテゴリ: 皮膚疾患検査に関わる問題

成人の色素性皮膚病変患者1297人を対象に、プライマリ・ケアで行われるベスト・プラクティス(病歴、肉眼検査など)に加えたコンピュータ診断補助ツールの効果を無作為化比較試験で検討。主要評価項目の、色素病...

文献:Walter FM et al.Effect of adding a diagnostic aid to best practice to manage suspicious pigmented lesions in primary care: randomised controlled trial.BMJ 2012;345:e4110.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。