m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

GORD改善、内科的より外科的治療

2013年4月23日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患検査に関わる問題

慢性胃食道逆流症(GORD)患者246人を対象に、腹腔鏡下噴門形成術の長期有効性を追跡調査で検証(REFLUX試験)。調査開始後5年時の逆流防止薬使用率は噴門形成術群44%、内科的治療群82%だった。...

文献:Grant AM et al.Minimal access surgery compared with medical management for gastro-oesophageal reflux disease: five year follow-up of a randomised controlled trial (REFLUX).BMJ 2013;346:f1908.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。