m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

創縁保護ドレープ、感染抑制せず

2013年8月5日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患循環器疾患一般外科疾患

開腹手術患者760人を対象に、創縁保護ドレープの手術部位感染抑制効果を無作為化比較試験で検討(ROSSINI試験)。術後30日間の手術部位感染の発生率はドレープ使用群24.7%、対照群25.4%だった...

文献:Thomas D P et al.Impact of wound edge protection devices on surgical site infection after laparotomy: multicentre randomised controlled trial (ROSSINI Trial).BMJ2013;347:f4305.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。