m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

鉄剤静注、有効だが感染リスク増

2013年8月20日  ソース:BMJ  カテゴリ: 血液疾患一般外科疾患投薬に関わる問題

72の無作為化比較試験(対象者約1万人)を対象に、鉄剤の静注投与の有効性と安全性をメタ解析などで検討。静注投与は、ヘモグロビン濃度の増加(標準化平均差6.5g/L)および同種赤血球輸血のリスク低下(リ...

文献:Edward L et al.Safety and efficacy of intravenous iron therapy in reducing requirement for allogeneic blood transfusion: systematic review and meta-analysis of randomised clinical trials.BMJ2013;347:f4822.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。