m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

股関節接触面の3D解析が有用

2013年9月2日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: リウマチ整形外科疾患検査に関わる問題

正常(42人)および臼蓋形成不全(24人)の股関節を対象として、MRI、ボクセルベースでの登録、近接マッピングにより4種類の位置(中立、45度屈曲、15度伸展、パトリック位置)の3D関節接触面をinv...

文献:Akiyama K et al.In vivo hip joint contact distribution and bony impingement in normal and dysplastic human hips.J Orthop Res. 2013 Oct;31(10):1611-9.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。