m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

経蝶形骨洞手術、内視鏡有利

2013年9月4日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患耳鼻咽喉科疾患

内視鏡での経蝶形骨洞下垂体手術を受ける25人と顕微鏡で受ける25人を対象として、手技と嗅覚障害との関係を前向き調査で比較。スメルディスケット嗅覚検査を術前、術後1カ月と6カ月に実施。内視鏡と顕微鏡で嗅...

文献:Kahilogullari, G et al.Olfactory functions after transsphenoidal pituitary surgery: Endoscopic versus microscopic approach. Laryngoscope. 2013 Jul 8. doi: 10.1002/lary.24037.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。