m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

食品感作、アトピーが危険因子

2013年9月19日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: アレルギー疾患小児科疾患皮膚疾患

生後3カ月の完全母乳児619人を対象にフィラグリン(FLG)変異、皮膚バリア破壊、アトピー性皮膚炎(AD)が食品感作の素因となるかどうかを検討。牛乳、卵など食品6種の皮膚プリックテストも実施した結果、...

文献:Flohr C et al.Atopic Dermatitis and Disease Severity Are the Main Risk Factors for Food Sensitization in Exclusively Breastfed Infants.J Invest Dermatol. 2013 Jul 18.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。