m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

開腹術後の小腸閉塞、癒着が主因

2013年10月8日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患整形外科疾患

既発表論文196件を対象に、腹部および骨盤手術後の癒着による疾病負担をシステマティックレビューおよびメタ解析で検証。主要評価項目の開腹術後の全小腸閉塞発症率は9%(I2=99%)、原因は癒着が最も多く...

文献:Richard P G et al,Burden of adhesions in abdominal and pelvic surgery: systematic review and met-analysis.BMJ2013;347:f5588.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。