m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

解熱鎮痛薬中毒、短縮レジメンで効果

2013年12月3日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患救急投薬に関わる問題

パラセタモール中毒患者217人を対象に、標準的なアセチルシステイン処置の副作用軽減について無作為化試験で検討。治療開始2時間後の嘔吐・嘔気またはレスキュー制吐治療の必要性は、時間短縮(12時間)レジメ...

文献:D Nicholas B,et al.Reduction of adverse effects from intravenous acetylcysteine treatment for paracetamol poisoning: a randomised controlled trial.The Lancet, Early Online Publication, 28 November 2013.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。