m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

CXCL4、全身性硬化症の予測因子

2013年12月24日  ソース:NEJM  カテゴリ: 内分泌・代謝疾患リウマチ皮膚疾患

全身性硬化症患者779人を対象に、形質細胞様樹状細胞から分泌されるケモカインCXCL4の影響を検討。全身性硬化症患者のCXCL4平均濃度は25624pg/mLで、健常者の92.5pg/mLより有意に高...

文献:Lenny van B,et al.Proteome-wide Analysis and CXCL4 as a Biomarker in Systemic Sclerosis.NEJMoa1114576.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。