m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

OSA、上気道刺激デバイスで改善

2014年1月14日  ソース:NEJM  カテゴリ: 呼吸器疾患循環器疾患耳鼻咽喉科疾患

中-重度の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者126人を対象に、植込み型デバイスによる上気道刺激の安全性と有効性を前向き単群コホート研究で評価(STAR試験)。12カ月後、無呼吸低呼吸指数(AHI)は68...

文献:Patrick J. S.Upper-Airway Stimulation for Obstructive Sleep Apnea.N Engl J Med 2014; 370:139-149January 9, 2014.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。