m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

精神障害、多くは20代後半で消失

2014年1月20日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般内科疾患精神科疾患

思春期の1750人を対象に、一般的な精神障害(commonmentaldisorders)について14年の前向きコホート研究で観察。症状の重い734人中434人が、若年成人期にも症状発現を報告した。思...

文献:George C P,et al.The prognosis of common mental disorders in adolescents: a 14-year prospective cohort study.The Lancet, Early Online Publication, 16 January 2014.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。