m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸癌検診に、質指標の活用を

2014年3月3日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患検査に関わる問題

米国退役軍人約40万人を対象に、大腸癌検診の質指標(24カ月以内の受検率)と年齢および健康状態の関連をコホート研究で検討。受検率は75歳以上で大幅に低かったが、75歳の不健康者は76歳の健康者より有意...

文献:Sameer D S,et al.Role of quality measurement in inappropriate use of screening for colorectal cancer: retrospective cohort study.BMJ 2014;348:g1247.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。