m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

大腸癌検診の減量介入でリスク減

2014年3月12日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般内科疾患消化器疾患検査に関わる問題

大腸癌検診プログラム参加の、BMIが25を超す大腸癌・肥満関連疾患の高リスク者329人を対象に、食事+運動介入の減量効果を無作為化比較試験で検証(BeWEL試験)。12カ月後の平均体重減少は介入群(面...

文献:Annie S A,et al.The impact of a bodyweight and physical activity intervention (BeWEL) initiated through a national colorectal cancer screening programme: randomised controlled trial.BMJ 2014;348:g1823.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。