m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

双胎間輸血症候群に新手術法

2014年3月12日  ソース:Lancet  カテゴリ: 一般外科疾患脳神経外科疾患救急

双胎間輸血症候群(TTTS)の妊婦274人を対象に、vascularequator全体に処置を行う新たな胎児鏡下レーザー凝固法であるSolomon法の有効性と安全性を無作為化比較試験で検証。双胎貧血多...

文献:Femke S,et al.Fetoscopic laser coagulation of the vascular equator versus selective coagulation for twin-to-twin transfusion syndrome: an open-label randomised controlled trial.The Lancet, Early Online Publication, 7 March 2014.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。