m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

乳児のマクロライド、IHPSリスク

2014年3月14日  ソース:BMJ  カテゴリ: 呼吸器疾患小児科疾患投薬に関わる問題

デンマークで単胎出生児約100万人を対象に、マクロライド系抗菌薬と乳児肥厚性幽門狭窄症(IHPS)の関連を全国コホート研究で検討。マクロライド投与児の非投与児に対するIHPS発症率比は生後0-13日で...

文献:Marie L,et al.Use of macrolides in mother and child and risk of infantile hypertrophic pyloric stenosis: nationwide cohort study. BMJ 2014;348:g1908.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。