m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

破裂AAAの死亡抑制2要因特定

2014年3月20日  ソース:Lancet  カテゴリ: 循環器疾患一般外科疾患救急

英国と米国の破裂性の腹部大動脈瘤(AAA)患者データ(英国1万1799人、米国2万3838人)を対象に、臨床転帰を比較。米国は英国に比べ、院内死亡率が低く、介入率(開腹または血管内修復術)が高く、血管...

文献:Alan K,et al.Mortality from ruptured abdominal aortic aneurysms: clinical lessons from a comparison of outcomes in England and the USA.The Lancet, Volume 383, Issue 9921, Pages 963 - 969, 15 March 2014.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。