m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

フリードライヒ失調症にVB3

2014年5月9日  ソース:Lancet  カテゴリ: 神経内科疾患脳神経外科疾患投薬に関わる問題

フリードライヒ運動失調症患者を対象に、責任タンパク質フラタキシン(FTX)の発現量に及ぼすヒストンデアセチラーゼ阻害剤ニコチンアミド(ビタミンB3)の影響を探索的非盲検用量漸増試験で評価。用量増加に従...

文献:Vincenzo L,et al.Epigenetic and neurological effects and safety of high-dose nicotinamide in patients with Friedreich's ataxia: an exploratory, open-label, dose-escalation study.The Lancet, Early Online Publication, 1 May 2014.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。