m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

外傷出血、RBC低比率で早期改善

2014年5月22日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患救急投薬に関わる問題

外傷患者143人を対象に、輸血時の赤血球と新鮮凍結血漿の使用比率(RBC:FFP)による凝固異常の補正効果をコホート研究で比較。RBC:FFP高比率(1.5:1超)群の部分トロンボプラスチン時間(PT...

文献:Kutcher ME,et al.The Natural History and Effect of Resuscitation Ratio on Coagulation After Trauma: A Prospective Cohort Study.Annals of Surgery: POST AUTHOR CORRECTIONS, 12 May 2014

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。