m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

LASIK後ドライアイに点眼効果

2014年6月23日  ソース:BMJ  カテゴリ: 眼科疾患投薬に関わる問題

レーザー角膜内切削形成術(LASIK)施行後12カ月以上ドライアイが持続する患者15人の30眼を対象に、ジクアホソルナトリウム(DQS)3%点眼薬の治療効果を症例集積研究で評価。12週間の治療で、角膜...

文献:Mori Y,et al.Effect of diquafosol tetrasodium eye drop for persistent dry eye after laser in situ keratomileusis.Cornea. 2014 Jul;33(7):659-62.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。