m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

縫合不全の大腸再手術は腹腔鏡下術で

2014年8月18日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 消化器疾患一般外科疾患

低侵襲性の大腸手術後の吻合部漏出に対し外科的再介入を要する患者77人を対象に、腹腔鏡による再手術の安全性を検討。再手術後の全入院期間中央値は腹腔鏡手術群で有意に短く(P<0.001)、創傷裂開や腹腔内...

文献:Lee CM,et al.Laparoscopic versus open reintervention for anastomotic leakage following minimally invasive colorectal surgery.Surg Endosc. 2014 Jul 25. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。