m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

無症候性クラミジアの核酸増幅、精度良

2014年10月1日  ソース:Ann Intern Med  カテゴリ: 産婦人科疾患腎・泌尿器疾患感染症

米国予防医学作業部会(USPSTF)が実施した淋病/クラミジア検査に関するシステマティックレビューをアップデート。若年女性へのクラミジア検査による翌年の骨盤内炎症性疾患発症率の低下が1件報告されていた...

文献:Zakher B,et al.Screening for Gonorrhea and Chlamydia: An Update for the U.S. Preventive Services Task Force.Ann Intern Med. 2014 Sep 23. doi: 10.7326/M14-1022. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。