m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

青年期自傷、将来のうつ等に関連

2014年10月29日  ソース:BMJ  カテゴリ: 小児科疾患精神科疾患救急

英国のエイボン両親子どもの縦断研究(ALSPAC)より、自傷行為を行う青年4799人の生涯データを検証。主要転帰指標の精神的健康問題(うつ病、不安障害)を16歳、18歳、19歳、21歳の時点で評価した...

文献:Mars B,et al.Clinical and social outcomes of adolescent self harm: population based birth cohort study.BMJ. 2014 Oct 21;349:g5954.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。