m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

化膿性脊椎炎の抗菌治療短縮で効果

2014年11月13日  ソース:Lancet  カテゴリ: 整形外科疾患感染症投薬に関わる問題

化膿性脊椎炎患者351人を対象に、抗菌薬6週間投与の12週間投与に対する非劣性を非盲検無作為化比較試験で検証。主要評価項目である投与から1年での臨床的治癒を達成した患者の割合は6週間群90.9%、12...

文献:Bernard L,et al.Antibiotic treatment for 6 weeks versus 12 weeks in patients with pyogenic vertebral osteomyelitis: an open-label, non-inferiority, randomised, controlled trial.The Lancet, 5 November 2014 doi:10.1016/S0140-6736(14)61233-2.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。