m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

出血熱のDNAワクチン、P1結果良

2015年1月8日  ソース:Lancet  カテゴリ: 感染症救急投薬に関わる問題

ウガンダで健康な成人108人を対象に、エボラウイルスおよびマールブルグウイルスの糖タンパク質をコードするそれぞれのDNAワクチンの安全性と免疫原性を第1b相二重盲検無作為化プラセボ対照試験で評価。2種...

文献:Kibuuka H,et al.Safety and immunogenicity of Ebola virus and Marburg virus glycoprotein DNA vaccines assessed separately and concomitantly in healthy Ugandan adults: a phase 1b, randomised, double-blind, placebo-controlled clinical trial.Lancet. 2014 Dec 22. pii: S0140-6736(14)62385-0. doi: 10.1016/S0140-6736(14)62385-0. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。