m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

TKA後感染、髄内釘固定推奨できず

2015年2月25日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患感染症

感染症による全人工膝関節再置換術失敗後に髄内釘固定を受けた患者26人を対象に、髄内釘固定の感染抑制/解消効果を検証。さらなる再手術を要する感染持続の発生率は50%、疼痛持続(視覚的アナログ尺度スコア3...

文献:Röhner E,et al.Unsatisfactory Outcome of Arthrodesis Performed After Septic Failure of Revision Total Knee Arthroplasty.J Bone Joint Surg Am. 2015 Feb 18;97(4):298-301.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。