m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

皮膚感染症、CLDMとST合剤で差なし

2015年3月31日  ソース:NEJM  カテゴリ: 皮膚疾患感染症投薬に関わる問題

蜂窩織炎、膿瘍、その両方を有する単純性皮膚感染症患者524人を対象に、クリンダマイシンとトリメトプリム・スルファメトキサゾール(ST合剤)を無作為化試験で比較。ITT集団および評価可能な患者集団(46...

文献:Miller LG,et al.Clindamycin versus Trimethoprim–Sulfamethoxazole for Uncomplicated Skin Infections.N Engl J Med. 2015 Mar 19;372(12):1093-103.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。