m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

妊娠高血圧症、早期娩出で児にリスク

2015年4月2日  ソース:Lancet  カテゴリ: 循環器疾患産婦人科疾患

妊娠34-37週で非重症高血圧の女性703人を対象に、早期娩出の母体・新生児転帰への効果を無作為化試験で検証(HYPITAT-II試験)。早期娩出は待機管理に比べ、血栓塞栓症、肺水腫などの母体の複合有...

文献:Broekhuijsen K,et al.Immediate delivery versus expectant monitoring for hypertensive disorders of pregnancy between 34 and 37 weeks of gestation (HYPITAT-II): an open-label, randomised controlled trial.Lancet. 2015 Mar 24. pii: S0140-6736(14)61998-X. doi: 10.1016/S0140-6736(14)61998-X. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。