m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

ACL再建後感染、DMで18.8倍

2015年4月6日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患感染症

米国の多施設整形外科転帰ネットワーク(MOON)から前十字靱帯(ACL)再建術施行患者2198人を対象に、術後感染のリスク因子を検討。糖尿病が感染の有意なリスク因子だった(オッズ比18.8)。自家骨付...

文献:Brophy RH,et al.Factors Associated with Infection Following Anterior Cruciate Ligament Reconstruction.J Bone Joint Surg Am. 2015 Mar 18;97(6):450-4.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。