m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

TNF-α阻害薬の重症感染、3カ月以内で増

2015年6月15日  ソース:BMJ  カテゴリ: 消化器疾患リウマチ投薬に関わる問題

15-75歳の炎症性腸疾患(IBD)患者5万2392人を対象に、腫瘍壊死因子-α(TNF-α)阻害薬と重篤感染症リスクとの関連をデンマーク全国コホート研究で調査。治療開始後90日での感染症発生率はTN...

文献:Nyboe Andersen N,et al.Association between tumour necrosis factor-α inhibitors and risk of serious infections in people with inflammatory bowel disease: nationwide Danish cohort study.BMJ. 2015 Jun 5;350:h2809.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。