m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

救急の外傷、自己調節は鎮痛効果薄

2015年7月3日  ソース:BMJ  カテゴリ: 一般外科疾患整形外科疾患救急

外傷による中-重度の疼痛での救急科受診患者200人を対象に、自己調節鎮痛法(PCA)の疼痛緩和効果を無作為化比較試験で検証(PASTIES試験)。12時間の疼痛の度合を示す視覚的アナログ尺度スコアの標...

文献:Smith JE,et al.PAin SoluTions In the Emergency Setting (PASTIES)―patient controlled analgesia versus routine care in emergency department patients with pain from traumatic injuries: randomised trial.BMJ. 2015 Jun 21;350:h2988.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。