m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

再発MSの経口ステロイド、静注に非劣性

2015年7月9日  ソース:Lancet  カテゴリ: 神経内科疾患投薬に関わる問題

多発性硬化症(MS)の再発から15日以内の患者199人を対象に、高用量メチルプレドニゾロン経口投与の静注に対する非劣性を二重盲検無作為化試験で検証(COPOUSEP試験)。per-protocol集団...

文献:Le Page E,et al.Oral versus intravenous high-dose methylprednisolone for treatment of relapses in patients with multiple sclerosis (COPOUSEP): a randomised, controlled, double-blind, non-inferiority trial.Lancet. 2015 Jun 26. pii: S0140-6736(15)61137-0. doi: 10.1016/S0140-6736(15)61137-0. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。