m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

アルツの新配合剤、激越に効果

2015年10月1日  ソース:JAMA  カテゴリ: 精神科疾患神経内科疾患投薬に関わる問題

激越を呈するアルツハイマー病疑い患者194人を対象に、デキストロメトルファン臭化水素酸-硫酸キニジン配合剤(AVP-923)の激越抑制効果を第2相試験で検討。プラセボ群に比べ、AVP-923群では主要...

文献:Cummings JL,et al.Effect of Dextromethorphan-Quinidine on Agitation in Patients With Alzheimer Disease Dementia A Randomized Clinical Trial.JAMA. 2015 Sep 22-29;314(12):1242-54.

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。