m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

吻合部漏出、PCT+CRPで検出精度良

2015年11月12日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患

大腸手術患者504例を対象に、プロカルシトニン(PCT)が吻合部漏出(AL)の早期指標となるか観察研究で検証(PREDICS試験)。AL検出の特異度と陰性適中度は術後3日目で91.7%、96.9%、5...

文献:Giaccaglia V,et al.Procalcitonin Reveals Early Dehiscence in Colorectal Surgery: The PREDICS Study.Ann Surg. 2015 Oct 30. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。