m3.com トップ > 海外ジャーナル > 海外ジャーナル要約

海外ジャーナル

黄色ブドウ球菌除菌で術後1年死亡率低

2015年11月26日  ソース:専門誌ピックアップ  カテゴリ: 一般外科疾患感染症

入院時の黄色ブドウ球菌保菌者の検出・除菌による手術部位感染予防効果が示された無作為化プラセボ対照試験(被験者793例)を追跡し、1年および3年死亡率を検証。清潔手術を行ったサブグループ(666例)で、...

文献:Bode LG,et al.Long-term Mortality After Rapid Screening and Decolonization of Staphylococcus Aureus Carriers: Observational Follow-up Study of a Randomized, Placebo-controlled Trial.Ann Surg. 2015 Nov 10. [Epub ahead of print]

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。